ゴルフクラブとゴルフスイングのメインイメージ

飛距離アップしたいなら

ゴルフクラブの中でもシャフトが飛距離アップに大きな役割を果たすのが、打ち出し角への効果だと思います。

打ち出し角への効果

ただし、この効果の数少ない問題点としては、ゴルフスイングの基礎が平均以上にマスターできているゴルファーにしか効果が発揮できないことです。

そのため、あまりゴルフスイングに慣れていない人が、ショットの高さを変える目的でシャフト交換を考えているとしたら、申し訳ありませんが、シャフトを替えてもゴルフスイングの質の高さに変化はないでしょう。

しかも、ダウンスイングに欠陥を感じているのなら、安心してください。ゴルフスイングの問題点がはっきりしているゴルファーは、きちんとしたクラブフィッティングを受けることで、きっと報われるでしょう。ゴルフクラブのあるき方を掴みましょう。

シャフト交換

単純にシャフト交換して弾道が改善されるだけより、もっと広い範囲での効果が期待できます。まだ、テクニック不足のゴルファーは、最初にロフトやフェース角といったヘッドのスペックやシャフトの重さを変えることに注意を向けてください。

それから長さやスイングウェイトやバランスについて検討しても遅くはありません。大きなゴルフスイングの欠点を抱えていても、落ち込まないでください。

クラブフィッティングをするだけで、大きな改善が見られるはずです。もう一度述べナスが、カスタムフィッティングは、まだ上達していないゴルファーにとってもとても役立ちます。

どのようにゴルフクラブのシャフトが打球の高さに影響するのかに関しては非常にシンプルな答えが用意されています。

ダウンスイングの間近に、つまりインパクト直前のシャフトのしなり具合だけを考えれば済む話です。それ以前にどんなシャフトのしなり具合であろうと、ショットの出来栄えにははとんど関係しません。

ゴルフスイングの結果としてシャフトがいろいろな具合でしなることは、シャフトから受ける「感覚」には大きく影響しますが、ボールの弾道には無関係です。

シャフトのフレックスがボールの弾道に影響するのは、インパクト直前にシャフトが前方にしなることに完全にかかわっています。ゴルフスイング中に何が起きても、どんなタイミングでボールをヒットしても、シャフトはインパクト直前に必ず、前方にしなるはずです。

ゴルファーのパワーが強く発揮されるほど、リストコックのほどきは遅延して、スイングスピートが速まり、シャフトのたわみが大きくなるため、インパクト直前のしなりもビッグなものになります。

反対にシャフトがそれほどたわまないと、インパクト直前のしなりも小さいものになります。これから先は、大多数のゴルファーが大きな勘違いをしている、典型的なゴルフスイングにおけるゴルフクラブのシャフトの出来栄えについて考えていきましょう。